「ああっ、おしっこしたい・・・」
「トイレに行きたい!」

今、体育館では音楽発表会の練習が行われていた。
同級生といっしょに楽器を演奏しながら、おしっこを我慢するかほる。

「我慢、つらいよう・・・」
「休憩まだかなあ・・・」

こんな状態であるから、練習に集中できるはずもない。

そんな時、一人の男子生徒が「トイレに行きたい」と先生に訴えたのだ。
「しょうがないわね。いいわよ、行ってきて」
楽器を床に置き、急いでトイレに向かう生徒をみて、ほかの男子生徒も何人か、トイレへ行く許可を先生にもらっていた。

「ああっ、私もトイレ・・・」
そう思い、かほるも先生にトイレに行く許可を得ようと思った時である。

近くにいた先生が、
「もう、ちゃんと休憩時間にトイレは済ませておいてよ。何人トイレに行っているのよ」
と言ったのである。
そのため、内気な性格のかほるは、手を挙げることができなくなってしまった。

そのまま、休憩に入ることもなく、練習が再開。
ますます、尿意が強まり、もう練習どころではなくなってきたかほる。
みんなの前にもかかわらず、おしっこ我慢のもじもじが止まらなくなってきたのである。

「ああっ、おしっこ・・・」
「なんで、先生あんなこと言うのよ」
「早くトイレ!」

そんな時、一人の先生がかほるに声をかけてきた。
「トイレに行きたいんじゃないの?」
かほるの様子を見かねた先生の優しさであった。
しかし、こともあろうに、かほるは嘘をついてしまった。

「いえ、大丈夫です・・・」

他の同級生もいる前で、どうしても「トイレに行きたい」といえないかほるは、トイレに行く絶好のチャンスを逃してしまった。

それから、どれくらいの時間が経過したであろうか?
短い時間であったと思われるが、かほるには長い時間に感じられた。

楽器演奏が終わり、床に体育座りをして、先生の話を聞く生徒たち。
その中にいて、一人腰をくねらせながら、また股間に何度となく手を持っていき、おしっこが噴き出さないよう、必死にこらえるかほる。
もう、我慢の限界が近づいており、おもらしまでのカウントダウンが始まっている状態である。

「はやく、休憩にして!」
「おしっこ、漏れる!」

そんな中、やっと先生が、休憩に入ることを許可してくれた。

「これでトイレに行ける!」
立ち上がり、急いで一番近くのトイレに向かうかほる。
個室に入るやいなや、体育ズボンと下着を一気に下ろすと、出口を探し求めていた悪魔の水が、いっきに噴き出してくる。
急いで、和式便器にしゃがみこむかほる。
音消しをすることもなく、大きな音をトイレ中に響かせながら、かほるは排尿の快感と、安ど感に浸っていた。










★目撃・妄想・作品・雑談 掲示板 3★ ナンバー[373]
投稿者:かほるまさん