小学校からの下校途中で

「おしっこしたくなってきた・・・」
小学校からの下校途中、尿意を催してきたかほる。
最初はそれほどでもなかったが、冬の寒さのせいもあり、すぐに我慢するのもつらくなるほど、尿意が高まってきた。
「どうしよう・・」
「家まで我慢できるかなあ・・・」
そんなことを考えれば考えるほど、おしっこのことが余計気になり、尿意もより高まってきた。

そして、自宅まであと数分というところまで来たところで、我慢がつらくなってきたかほるは、自宅のトイレでおしっこすることをあきらめ、野ションすることに決めたのだった。
そこの場所は、数件住宅があるが、手前にコンクリートの壁があるので、しゃがめば人の姿は見えなくなる。
以前も、かほるはそこで野ションしたことがあったので、今回もここでと考えたのだ。

周りを見渡し、誰もいないことを確認したかほるは、コンクリート壁の手前でしゃがみこみ、急いでスカートをたくし上げるとともに、ブルマとパンツをずらし、壁に向かって放尿を開始した。
「シャアーーー」
「ああっ、気持ちいい・・・」
野ションの快感に浸るかほる。

「誰かに見つからないうちに、早く家に帰らないと・・・」
思ったより多くのおしっこが出たことに驚きながら、あそこを拭くこともせず、そのまま下着を上げ、自宅へと急ぐかほるであった。

後日、かほるは母親からこんな話をされた。
「最近、○○さんの家の近くでおしっこしてる人がいるんだって。どこの人だろうねえ」
どうやら、かほるの野ション現場は、○○さんにしっかりと見られていたようだ。コンクリート壁にも、大量のおしっこ跡を残していたのだから、バレて当然である。
この事件以降、その場所で野ションすることはやめたかほるであった。










全校集会でのおしっこ我慢

「トイレに行きたい・・・」
全校集会のさなか、トイレを我慢する一人の生徒がいた。
かほるは、集会前に友達に用事を頼まれ、トイレに行きそびれてしまっていた。
体育館の床の上で、体育座りをしながら、必死におしっこを我慢するかほる。
もう、話を聞く余裕はなく、ただ集会が一刻も早く終わることのみを祈っていた。

もう少しで集会が終わろうという頃、かほるに今日一番の激しい尿意が襲ってきた。
「はあぁ」
「ああっ、ダメーーー!」
「漏れる!」
尿道口のあたりが暖かくなるのを感じたかほる。
「ああっーーー」
「おしっこを漏らしてしまった!」と思ったかほる。
しかし、確認すると床は濡れていない。
どうやら、ギリギリのところで持ちこたえたようだ。

「ああっ、危なかった!」
学校生活最大ともいえるピンチを乗り越えた瞬間だった。

「これで○○集会を終わります。生徒は教室へ戻りましょう」
かほるが待ちに待った時間が訪れた。
急いで一番近くのトイレへと向かうかほる。
トイレへ入ると、すでに何人かの下級生がいたが、運のいいことに個室はすべて埋まってはいなかった。
空いている個室へ、飛び込むような勢いで入るかほる。
ドアを閉め、鍵をかける時間もおしかったが、さすがにそういうわけにはいかない。
便器にまたがると、ブルマとパンツを下ろし、一気に排泄開始!
「プシューーー」
隣の個室に下級生がいるにもかかわらず、大きな音を響かせるかほる。
恥ずかしいことだとはわかってはいたが、おしっこ我慢限界からの排出の気持ちよさはそれに勝っていた。
個室内で安ど感に浸るかほるであった。










校外学習からの帰り その2

「おしっこ、漏れそう・・・」
校外学習からの帰り、学校へ向かうバスの中で、激しい尿意と戦う一人の生徒がいた。
かほるは、バスに乗る前にトイレに行きそびれてしまったのだ。
バスが揺れるたび、膀胱付近がヒリヒリと痛む。
「ああっ」
「早く学校に着いて!」
今にもおしっこが漏れそうなかほるであったが、同級生がいるバスの中で漏らすわけには絶対にいかない。
かほるは、誰とも会話することなく、ただおしっこ我慢に集中していた。

バスが、学校付近に到着した。
他の同級生たちが、楽しく会話しながら歩いている中、かほるは一人無言でトイレへと急ぐ。
「あとちょっとでトイレ!」
「もう少し!」
校舎が見えてきた。
かほるの歩きはより速くなり、体育館下にある一番近くのトイレへとまっしぐらに進んでいく。

やっとの思いでトイレに到着したかほる。
少々乱暴に個室のドアを開け、慌てて鍵をかける。
和式便器にまたがるや否や、一気にブルマとパンツを下ろし、その場にしゃがみこむ。
「プシューーー」
勢いよく飛び出したおしっこが、便器に激しく当たり、大きな音を立てている。
恥ずかしい音をトイレ内に響かせながら、おしっこを排出するかほる。
しかし、運のいいことに近くには誰もいないようである。
「はあっ、間に合った・・・」
安ど感に浸るかほる。今度は下着を濡らさずにすんだようだ。

トイレから出ると、急に声をかけられた。
「○○、誰か待ってるのか?」
それは担任の先生であった。
みんながすぐに帰宅する中、かほるだけ校舎内に入っていくので、少し心配したのであろうか。
とっさのことで、言葉が出ないかほるは、きちんと先生にあいさつすることもできず、急いでその場を後にした。










校外学習からの帰り 投稿者:かほる

「ああっ、おしっこしたいよう・・・」
校外学習からの帰り、出発前にトイレに行きそびれたかほるは、おしっこを我慢しながら、自宅へと向かっていた。
急いで帰宅したいかほるであったが、激しい尿意のため、思うように脚が動かず、なかなか前に進まない。
「おしっこ、漏れる!」
途中、道の端で何度も立ち止まり、自身のか弱い水門に力を込め、決壊を防ごうと必死のかほる。
そのかいあってか、何とか自宅付近まで戻ることができた。
「あと、もうちょっと!」
「もうちょっとで、おしっこできる!」
そう思った時だった。
「ううぅ」
今までで一番激しい尿意がかほるを襲う。
「うぐぅ」
立ち止まり、必死に尿道口を締め付けるかほるであったが、吹き出そうとするおしっこの勢いはそれ以上であった。
「も、漏れる!」
「おしっこ、出る!」
もう我慢の限界だと悟ったかほるは、道路を外れ、畑横のあぜ道へと急いで駆け込んだ。
そして、周りに誰もいないことを確認すると、一気に体操ズボンと下着を下ろし、その場にしゃがみこんだ。
「プシューーー」
我慢に我慢を重ねたおしっこを、勢いよく地面にたたきつけるかほる。
「はあぁ」
自宅まであと300メートルぐらいのところで野ションしてしまったかほるは、あそこを拭くこともせず、何食わぬ顔をして、自宅へと帰宅した。
しかし、自分では気がついていなかったが、体操ズボンと下着はおしっこで濡れていた。どうやら、帰宅途中で何度も「おちびり」していたようだ。
それを母親に見つかり、着替えさせられるかほるであった。










★目撃・妄想・作品・雑談 掲示板 3★ ナンバー[368]
投稿者:かほるまさん