まゆまゆさんはpixivで絵や小説など活動中です!^^

pixiv
まゆまゆさんのpixiv


中2のある日、確か3時間目辺りの業間の休憩中に、ラウンジで会話中のAちゃん(永子ちゃん)がこんな事を言って来ました。
※例の我慢訓練を提案してくる子です。
「またこないだ学校帰りにおもらししたらしいねー?久しぶりに我慢訓練した方がいいんじゃない?」
と言うような事を言ってきました。
でも私はそれはあまりやりたくないので最初は拒否したんですが、
「前やった時は私とかBちゃんの前だからあまり我慢できなかったんじゃないかな?」
「もっと色んな人がいたり絶対我慢しなきゃいけない状況だったら我慢できるかもだよ?」
みたいな事を言ってきました…。それでも私は「えーー・・・」と言いながら嫌なそぶりを見せたんですが
永ちゃんはどうしてもやらせようとして来ました。
一応どんな案なのか聞いてみたら、『部活中に一度もトイレに行かない』という条件でした。
でもそれなら部活の前にいつもおトイレに行ってて、一度もおもらしになった事がないので問題がないと思ったのですが
「最後にトイレに行っていいのは5時間目終わった後だけでその後はずっと我慢してて!」というものでした。
6時間目を挟んでそのまま部活、となると不安になったので、やっぱり無理そうと言ったら、
「今回はどうしても我慢できなくなったらトイレに行っていい」という物でした!
あ、それならいいかも?と思ったので、ちょっと押しに負けて、軽い気持ちでやってみる事にしました…。
それでそこは別れて、給食とかも普通に食べてお昼休みにトイレに行って、
5時間目も普通に授業を受けていて、私はちょっとずるい事を考えてしまいました。
「6時間目終わったらすぐにこっそりトイレに行けば、部活なんて余裕で我慢できる!」と思ったんですよね。
なので5時間目終わった後、別にトイレに行きたくなかったのでそのまま6時間目も受けました。
そして6時間目も終わった後、なんやかんや片付けとかして、こっそりトイレに行こうと思った時…
なんと永ちゃんが迎えに来たんですよね…。(永ちゃんはクラスが違います)
まるで私がずるしてないかを確認するかのように…。
普段一緒に部活に向かうとかあまりなかったのに、この日は一緒に更衣室に行ってジャージに着替えました。
あーーー失敗したーって思ってめっちゃ後悔しました…。
「やっぱりおしっこしてからじゃ駄目?」と聞いたら、それじゃあ訓練にならないよっ て言うんですよね…。
実は既におしっこがしたかったんです。。。5〜6時間目と通しでやってるので当たり前です…
でも部活で動いてれば何とかなると思ったんですが、甘かったですね…。

ホールで色々用意して、最初のミーティングをして、それぞれ練習に打ち込みます。
ちなみに部活には永ちゃんが1年生の時に誘ってきて、一緒に入りました。
部活中は何とかこらえていました。ちなみに17時半ぐらいですかね、いつも終わるのは…
大体それぐらいまでやって我慢もギリギリ出来てたんですが、最後のミーティングで先生が
まもなく中体連があるという事で、その説明をしてました。どこの体育館でやるとか、日程とか、出場する選手の話とか
そういう色々話しているうちに、もうほぼ我慢の限界になってきました…。
しかも私は上手くないのでどうせ選手には選ばれないのであまり関係のないお話です…。
私の右側隣には永ちゃんが立っていて、左側には男子部員も立ってました。
先生を扇形に囲むように、2列になって立ってると言う感じですかね。
私は2列目に立っていました。
位置関係としてはこんな感じです。実際生徒はもっといますけどね…(笑



でも永ちゃんは、途中でトイレに行ってもいいと言ってました
だからここで先生に、トイレに行きたいと言えばいけたのかもしれません…
でもこんな説明中で、みんなが聞いてる中で、トイレに行きたいなんて言えるわけがありません…。
永ちゃんの顔をうかがったりしましたが、こちらには特に気が向いてない感じでした…
気付いてくれて、「おトイレ大丈夫?言ってあげようか?」なんて言ってくれる事に期待してたんですが
そういう気配は全くありませんでした…。
足をもじもじスリスリと、少し動かしていたんですがほんとに我慢できなくなってきました。
とうとうあのいつもの感じ、もうおもらしを確信した時というか、覚悟をしたあの感じが襲ってきました。
頭では、もっと我慢しなきゃ、こんな所でおもらししては駄目って分かっていたんですが、
ついにみんなの前で、しかも隣に男子が居る事も忘れて、お股のところに襲ってくるおしっこの水圧に負けて
蛇口を思わず開いてしまいました…(涙



ぱんつの中にいっきに暖かいのが広がって、あのいつものしゅーーって音も鳴り出して、ぱんつから一気にあふれて
足に流れてきました…。ジャージも履いてたので、そのジャージの内側と足に流れるおしっこが暖かく滝のような感覚でした。
ジャージなのに、お股の外側のところから2〜3筋の、細いおしっこの筋が落ちてきてるのも見えました。
その筋がどんどん増えてくる感じでした。ジャージの色んなところから変な濡れ方をして広がって行きました。
ぱんつのクロッチのところでおしっこが当たって渦巻く暖かい感覚と、ぱんつからおしっこがあふれる感覚も感じながら
ジャージの股部分の真ん中ところでおしっこが分散?されて行く感じもありました。
ちなみにほとんど足はとじるような形で、まっすぐ立ってました。
無意識に閉じていたのは、そうしたら音があまりならないかもしれないと思ったからかもしれません…。
両太ももをおしっこが激しく流れて、ジャージの内側で膝辺りから足首に掛けておしっこがらせんのようにくるくると回りながら流れてる感覚もありました…
くるくるとしてたのは右側の足で、左足はなにやらまっすぐと足を流れてた感覚でした。枝分かれしてる感じもありましたけど。
そしてジャージの裾から、バシャバシャと床にも落ちる音がしてきました
ずーーっと、しゅぅぅぅぅとか、しゅぃぃぃぃって音もぱんつの中でなってて、隣には聞こえてたような感じでした。
靴下もどんどん濡れてきて、靴の中にも入ってきました
おもらしが始まって、10秒経つか経たないかでしょうか、隣の永ちゃんがこちらに気付きました。
でも「あ…」と言うだけで、それ以外は何も言わず、ずっと私の足元や、おしっこがでてる所を見てたようにうかがえます…。
そのあとすぐに、隣の男子も気付いて、じーっと見てる視線を感じました…。
それに前の列にいた部員も、チラチラこっちを振り返ったりしてました。「え、なに…?」みたいにこそこそと…。
顧問の先生は確か、ずっとその間も説明してました。私が後ろの列に居るからすぐには気付かなかったのかも…
でも説明は何を言ってるか全く頭に入らなかったです。
私はその間も、おもらしをつづけてました…。もう我慢してたお股の力も抜いてるのでおしっこの勢いはトイレと同じです…
どんどんジャージの中にあふれ続けてました。
途中で、右ひざ当たりからジャージに濡れる範囲が何故か横のほうにも広がっていって、
ジャージの越しからも多量のおしっこの雫があふれ落ちてくる様子がありました。
水たまりが丸くなっていくのが見えました。丸と言うか、だ円系と言うか…
靴の中にもおしっこがどんどん入ってつま先の方も濡れて、靴からもおしっこがあふれてきました。
白の靴下もびしょびしょでとにかく気持ち悪かったです…
とにかくひたすら温かかったです。
ぱんつからあふれるのが止まらなくて、ジャージをどんどん濡らし、裾からもおびただしくおしっこが落ちていて
ようやく、長いおもらしの勢いが弱くなってきて、お腹の苦しかったのもなくなってきてスッキリした感じになってきて
おしっこが止まりました。おわったあとのぱんつが張り付くあの感覚がありました…
そしてジャージも履いてたから、足のいたるところにジャージが張り付いて、気持ち悪かったです…。
上靴の中で指を動かしたら、グジュっとおしっこがあふれたりしてました。
水たまりは最終的に、だ円系になりました…。

おもらしが終わった直後、永ちゃんが小声というか耳打ちで「おしっこもらしちゃったの?」と聞いてきました。
私は「うん…。」と頷きました。永ちゃんは「あらー……。」と言ってました。
(宿泊学習の時と似たような感じですよね)
そのあと隣の男子が「なにこれ…?」と聞いてきました。私も思わず
「わかんない、なんだろ・・・?」とか言って知らない振りしたと言うか…
左足で、水たまりを自分の方に寄せたりしました^^;



それで男子が私を挟んでわざわざ永ちゃん「おしっこ…?」と指を指して聞きました。
そしたら永ちゃんが「うん」って言いました。 余計な事を…。と思いましたが、どう見てもおしっこだし何も否定できない…。
男子は「うわー・・マジで?なんで…?」と聞いてきいてきましたが、私はうつむいて、何も答えられませんでした。
また男子が小声で「ぱんつ履いてんの?」とか聞いてきたので、「(うん…)」と、頭だけ頷きました。
男子は固まってました…。
前列に居た子たちもこっちを見てきて、おしっこだよ、とか、おもらし?とかザワついてました。
そしたら説明してた顧問の先生がようやく気付きました。(女性の先生でした)
「なにしてるの?なにそれ…?おしっこしちゃったの?」
と聞いてきました。私はまた無言で、頭を頷く感じでした。
「我慢してたならちゃんと言わないとー…」と、呆れてる感じでした。
そこですぐに永ちゃんが
「この子こう言う体質だから仕方ないんです、保健室連れて行ってあげてもいいですか?」と言ってくれました。
先生は「しょうがないなぁ、頼むね」という感じでした。
隣の男子も「大丈夫だ、頑張れよ〜」と言ってた気がします。
そんな感じでホールを抜け出していきました。抜け出す時の、上靴の中にたまったおしっこが歩くたびに、
グポッグポッていう音がなってそれもまた恥ずかしかったですね今となっては…。

廊下に出て、保健室に向かってる最中に永ちゃんが「あーあ、またおもらししちゃったねー」とか言ってきて
私は「実は5時間目にトイレに行きそびれてたから我慢できなくなっちゃった…」とか言い訳してました。
でも永ちゃんは「今回はトイレに行っていいって言ったよね?何で行かなかったの?」と言ってきたので
「恥ずかしいから結局いけなかった…」と言うような事を言ってました。
「そんなんだからおもらしが治らないんだよー」と、説教とか色々されてしまいました…(T_T)
おしっこの音が聞こえてたとか、男子にも聞こえてたよ絶対、とか色々言われて恥ずかしかったです。
濡れたぱんつを見られたりもしました…。
そのあと、トイレに向かって色々拭いたりして、上靴にたまったおしっこをトイレに捨てたりとか後始末をしました。

そして保健室について、いつもの優しい保険の先生に色々対応してもらいました。
またしちゃったんだねーとか、栗林さんならしょうがないから大丈夫だよ。とか言ってくれたりしました。
永ちゃんは、保健室でずっと待ってくれてました。
ちなみにジャージ脱いだあと、先生も、ぱんつ見せてごらんってまた言ってきたので、見せました。
お尻側も見られました^^; 座ってる時よりはあまり濡れてないねって言われました…。
着替えも終わって二人でホールの方に戻ると、もう終わっていて、おしっこの水たまりも掃除されてました…
それで先生には少し注意されて、でもどっちにしても私達は選手に選ばれてるわけでもなく、
ただ応援に行くだけだから、説明はそこまで重要ではなかったと言う感じです…。

以上が、ミーティング中に起きたおもらし事件でした。
我慢訓練の話がなければ、今回のおもらしは起こりえなかったと思うと凄く悔しいですが、
でも6時間目終わった後にこっそりトイレに行こうとずるをした私も悪いので、
とにかくもう絶対におもらししないようにと、心がけた感じです(涙
後ほど、隣に居た男子に自分では直接聞けなかったので、永ちゃんに頼んで、おもらしの音が聞こえてたかどうか聞いてもらったんですが
聞こえてた、との事でした…。聞かなきゃよかったと思いました…!
でもそのあとも普通に接してくれてたから良かったですが、
他の女子が、中2にもなって何でおもらししたのか凄い聞いてきてなんか嫌でした…。










投稿者:まゆまゆさん