私の名前は貴嶋 健斗(きしま けんと)。世界をまたにかけるカワヤ商事で、若干34歳で課長を務めるエリートである。
今度、ロシアでビジネスをすることになり、ロシア語の家庭教師を雇うことになった。
今日でもう4回目のレッスンでそろそろコツもつかんできたが家庭教師の女子大生が私の好みでたまらない。
いつもの喫茶店で彼女を待つこの時間のドキドキが私にはたまらなくなってきていた。

「あっ、貴嶋さん、お待たせしました。」
いつもの透き通る声が聞こえた。
私が顔をあげると、汗ばんだ首筋を白いハンカチで拭く彼女がいた。
サラサラの黒髪ストレートのショートヘアが汗ばんだ額に貼りついてた。
「今日も暑いですね。ご体調いかがですか?」
大人っぽい雰囲気の彼女だが、笑った時の表情はあどけなさが残り、屈託のない笑顔を見せる。その落差がたまらなく美しかった。
「じゃあ、始めましょうか。」
そういって麦わらのカバンを椅子において私の向かいに座った。
正面に立った時、彼女の健康的な脚が目に入った。それは透き通ほど白く、デニムのホットパンツからすらりと伸びていた。
「うぉー、きれいな脚・・・いつもはスカートが多いからまた新鮮だね・・・」
私は理性が飛んでしまいそうだったが、そんな私をしり目に、彼女はいつものようにロシア語のレッスンを始めた。
「あの、この発音って・・・」
私が聞くと、彼女は大きく身の乗り出し、ノースリーブのシャツから伸びたその細い腕を折り曲げ、テーブル肘をつき前のめりになった。
顔が近づいたらいい香りがした。
シャツの襟もとからその小さな胸元が見えそうだった。清楚な白いブラが見えた。胸は小さいので谷間はなかったが小さなふくらみがそこにあった。とてもやわらかそうな小さなふくらみだった。
「これはですね・・・」
彼女は丁寧に教えてくれた。
しばらくするとオレンジジュースが届いた。
彼女はストローをその柔らかい唇で挟み込みおいしそうに飲んだ。
私はその姿に見とれてしまった。
「いやだ、私ったら、外が暑くてのどがカラカラだったから一気に飲んじゃいました・・・恥ずかしい!」
そういって照れ笑いをした。
「あ、いやもしよかったら追加で何か頼んでいいよ。」
「本当ですか!ありがとうございます。でも月謝までもらっていつもドリンクもいただいているのでいいですよ。」
「喫茶店のドリンクぐらい大丈夫だよ」
そういって私はウエイトレスを呼んだ。
彼女はありがとうございますと頭を下げ、今度はアイスコーヒーを頼んだ。
こうしていつものように楽しい2時間が過ぎた。
「今日もありがとうね」
「こちらこそありがとうございます!貴嶋さん飲み込みも早いし、それに話も面白いから私もバイトって感覚じゃなくとっても楽しいです。」
そういってまた屈託のない笑顔を見せた。
『この娘、俺に気があるのかな・・・』
私は22歳の女子大生の笑顔に完全にやられてしまった。
「あっ、いけない。貴嶋さん、私、今日はこのあと静岡の実家に帰るので急ぎますね。ごめんなさい、先にでますね。」
彼女はそういって慌ててカバンに荷物を詰め込んだ。
「静岡か〜、新幹線、取ったの?」
「夏休みなので、全然取れなくって。自由席で帰ります。」
「そうか・・・それなら熱海まで送ってあげようか。僕もこのあと熱海温泉に行くんだ。」
もちろん嘘であった。彼女とドライブできるチャンスと思った私は思わず嘘をついてしまった。
「新幹線代も浮くでしょ?」
「本当ですか!うれしいです!でも・・・申し訳ないです」
「気にしなくていいよ。一人で行くより僕も気がまぎれるしね。」
「じゃあ!お言葉に甘えます!」
彼女はうれしそうな表情をくれた。










★目撃・妄想・作品・雑談 掲示板 3★ ナンバー[184]
投稿者:Lemon Juiceさん