今日は久しぶりに部活のない日曜完全な休日!

この間ルビィから聞いた美味しいラーメン屋さんに行くって決めてあるの?

ただ、行き先は電車に乗らないと行けない場所で、しかもヨハネはその地に行ったことがないの…

だから、ママが1人でお昼を食べに出かけることを心配しているみたいで…

善子ママ「本当に1人で電車に乗れる?ママが着いて行かなくて平気?」

善子「大丈夫よ!ヨハネはもう高校生なんだから、電車くらい1人で乗れるって」

善子ママ「そう?でも去年同じこと言って、電車乗り間違えて迷子になった挙句おもらししてママが車で迎えに行かなかった?」

善子「うっ、そ、そんなこともあったけど……で、でも今年こそ大丈夫だもん!高校生になってからは1人で電車乗って目的地に遊びに行ったことだって何度かあるし」

善子ママ「そう?ならいいけど…」

善子「心配しすぎ!もう高校生なんだから、愛する娘を信じて!」

・・・なんて言って出かけたはいいが、降りる場所を間違えて人のいない場所に来てしまった

いや本当なんでこんな場所に来ちゃったのかしら?

しかもそんなことにも気付かずに駅を離れちゃったし…

善子「うう、迷ったわね…」

と、とりあえず現在地を確認・・・

善子「!?」ブルッ

こ、こんな時に尿意が…は、早く駅に戻らないと!








だけどそんな風に焦ってる時に限ってトイレは見当たらなくて…そして…

しいいいいい〜〜っ

歩いてるうちに我慢できずにおむつの中におしっこを漏らしてしまった…

善子「うう…また間に合わなかった…」

・・・ママが心配していたことを起こしてしまった

今年も、土地勘のない場所で迷った挙句におしっこを漏らしてしまった…

……でもこんなこと、よくあることだから今更だ

ヨハネは高校生だけどオシモが緩い。だから毎日複数回おしっこを漏らしているの

恥ずかしい失敗癖だが、その癖のおかげで失敗にはある程度慣れてる

幸い今日はおむつから溢れる程おしっこは出ていないので、焦らず、トイレがある場所を探せば良い

歩いてたらその内トイレの1つくらいすぐ見つかる・・・








善子「なんで…なんでトイレが見つからないのよ…」

こんな時まで私は運が悪かった…

近くにコンビニとか公園が見つからない

どころか、人の気配すらほとんどなかった

善子「っ!?」ブルッ

ああ、こ、こんな時にまた…は、早く!早くトイレ!トイレ!

さらに歩き回っても、本当に何も見つからない

人の1人にすら会えなくて…

・・・人が居ないなら、もう

ゴクッ……

大丈夫…ここまで人の1人にすら遭遇してない、やるなら、ここしかない!

そんな何十分と経ってないけど今までの経験からヨハネのおもらしは1時間でおむつを決壊させる!

2回目のおもらしなんてことになったら、足元に水溜まりが出来るのは確定!

最悪の事態に陥るよりは、ここでしてしまう方が…

善子「…」

ヨハネはベルトに手を置く

大丈夫、誰も来ない…焦らないで、ゆっくりでいいの

ゆっくりベルトを外して…

カチャ

ズルッ

よし、ズボンもオムツも脱いだ!

座って後は出すだけ…

女の子「え?」

善子「!?」ビクッ

えっ!?な、なんでこんなタイミングで!?

だ、ダメ!も、もう脱いで出すつもりでいたから、が、我慢が……

じゅぼおおおおお〜〜

女の子「あっ…」

善子「・・・」

突然のことに固まってしてしまい、座ることが出来なかった…結果…



パシャパシャパシャパシャ!

ポタ…ポタ…

善子「グス…うう、うええええええん!!!」

女の子「あ、ご、ごめんね!私のせいだよね?ご、ごめんね…」

善子「うええええん!ママあああっ!」







それから1時間後、ヨハネはママに迎えに来て貰い、車で沼津へと帰った…










★目撃・妄想・作品・雑談 掲示板 3★ ナンバー[05] 
投稿者:よしっこマニアさん