「…よし、これでOK!後はもう寝るだけだよ!」

秋も深まり、冬が近づく季節…

そんなある日の事、麻衣はやけに気合を入れて就寝しようとしていた。

「今日こそは、おねしょなんかに負けないわよ!」
(そしてあわよくば、お漏らしも出来るだけなくせるように…!)

布団をしっかりと敷いて防寒対策までばっちりな麻衣。

何故麻衣がこんな事をしているかというと…


〜数時間前〜

珍しく休日で誰もいない日、麻衣は気分転換に近所の神社に来ていた。

麻衣「ここ来たのってお正月以来か…久しぶりにお参りでもしとこうカナ?」

ほんの気まぐれでお賽銭を賽銭箱に入れ、手を叩いてお参りをする。

麻衣(…お願い事は…せめてちょっとでもお漏らしとかおねしょが少なくなり
    ますように、な〜んて…)

地味にお漏らしやおねしょが多い麻衣。それを気にしてか神様につい願ってしまったのだが…

『…いいでしょう、その願い聞き入れました…私に任せなさい。』

突然謎の声が麻衣の頭の中に響いてきた!

「…え!?な、ナニコレ!?もしかして幻聴…?」

『違います。私はこの神社の女神…丁度あなたがこの神社でお参りした
100万人目だったので、サービスをしに来たのですよ。」

「そ、そんな事ってあるの…?」

まさかこの神社の女神が話しかけて来るとは思っていなかった麻衣。

余りの事態に混乱するものの、しかし麻衣はこれをチャンスとも捉えていた。

(あ、でも、さっきのお願いを聞いてもらえるならチャンスなのかも…!)

「あ、あの!本当に私のお願い叶えてもらえるんですよね?」

『ええ、あなたの願いを確実に叶えましょう。失禁や夜尿を減らすのですよね?』

「は、はい!お願いします!」
(ちょっと恥ずかしいけど、これで少しでも良くなるなら…!)

『分かりました。それでは今からあなたは私の言う通りに動いてください…』
僅かに差恥心を覚えるも、これも必要経費と割り切る麻衣。

そして麻衣はお漏らしやおねしょと決別するために動き始めた…





そして数時間後、女神に言われた通りいつもは使わない布団を出して

就寝の準備をして麻衣は眠りについたのだった…

ガタンゴトン…ガタンゴトン…

「……zzz…あれ、ここは…?」

目を覚ました麻衣。しかしそこは自分の部屋ではなく人が混み合う電車内
だった!

「え!?な、何で私こんな所に…!確か女神様がおねしょを直してくれるって…」(というかおしっこしたくなってきちゃったヨ…)

かなり混乱している麻衣。しかしそこで頭の中から声が響いてきた…

(落ち着いてください、麻衣。ここは私の施した儀式の中なのです。)

「あ、女神様!よかった、儀式の中だったんだ…でも、どうして満員電車
の中なの?いつも使ってる電車っぽいけど…」

儀式である事には納得したものの、いまいち違和感がぬぐえない麻衣。

『これはあなたの記憶の中。正確に言えば「あなたが失敗してきた記憶」
の中です。そのため、失敗した当時の記憶が出てきたのでしょう。』

「そうなんだ…ってそれってまずいじゃない!私このままだとお漏らし
しちゃうんじゃ…」

心配そうに体を揺する麻衣。人で一杯の車内にいるためか
我慢するのも難しいようで小刻みに体を揺らす事しか出来ないようだ。

『それについては大丈夫です。この記憶はあなたが今から動いてお漏らし
しなければその記憶から脱出して新しい記憶の中に入れます。
これを繰り返していき、失敗した記憶を上書きする事で
おねしょやお漏らしをしないように祓う儀式となるのです。』

女神が説明した通り、どうやらそこに関しての心配はない様子。

『万が一失敗してしまっても失敗した時の記憶やり直すだけなので
大丈夫ですよ。取り合えず試しに一回やってみてください。』

「わ、分かった…」
(でもこの人でいっぱいの車内じゃ我慢なんて…)

説明してもらったはいい物の、この状態でお漏らししないようにするのは
無理があると感じる麻衣。さらに女神にもこの様子は見られているのかも
しれないと考えるとトイレに行くのも躊躇われ、ひたすらに時間が過ぎていき…

「あっ…やだ…!」

しゃあああ…

本来の記憶通り、男性の足が麻衣のアソコを突きあげてしまい
麻衣はそのまま決壊してしまった…


ガタンゴトン…ガタンゴトン…
「も、元に戻ってる…本当だったんだ…」

『このようにお漏らししても問題なく元に戻るだけです。
さあ、もう一度やってみましょうか。』

ちゃんと戻った事に安堵を覚える麻衣。女神の声も合わさって
少し落ち着きを取り戻し…

(今度はお漏らししたりなんかしないんだから…!
とにかく絶対にお漏らしを避けて、次の記憶に行かなきゃ!)

どうやら麻衣の負けず嫌いな部分が出てきた様子。
このままお漏らし回避なるか…?










★目撃・妄想・作品・雑談 掲示板 2★ ナンバー[320]
投稿者:Lemon Juiceさん