全ては「おねしょ治療法」のある一ページから全てが始まります…

あるキャストラキャラ一名(ここからはこの人を発案者と表記)が、ネットや雑誌、または
その本自体を拾ってしまいます。
そこに書かれいた文章『お漏らし、おねしょを治せる』という言葉に惹かれ、
実用性もあり実際に効果も出ていると分かってからその治療法のために人を集め
その人達(以降、集められた人たちを集合者、治療法を行う人間全体を治療者と呼ぶ)、
その人達と一緒にその治療法に挑む…という物です。

『お漏らし克服ゲーム』
・かかる時間 (準備時間を除き)20分〜6時間(変更可)
・用意するもの 人間 4〜7名(集合者、発案者含む)
       ある程度の大きさの部屋(家全体だったり、庭つきも可)
       企画で使う事になったもの(可能な物だけ)
       くじ引きに使う箱と紙とペン タイマー
       紙コップ 利尿作用アリの飲み物(高級千里茶など)
       大量の衣服(下着含む)
(今回は4人でやる場合のシュミレートです)

・今回のゲームの肝「くじびき」について
@はずれくじについて
このゲームは、何と言っても最初に作る「お漏らしor放出くじびき」が
重要になってきます。まずは「はずれ」くじです。こちらはお漏らしするように
刺激したり、意地悪したりするくじです。

例その場でぴょんぴょん100回
 ジュース一本一気飲み
 パンツを脱ぐ
 あたり紙一枚無効化 など

このようになっており、治療者は準備時かその前ににそれぞれ15枚書くことになります。

Aあたりくじ
そして次はあたりくじです。治療者は全員3枚書いておけます。
ただし少し外れくじと違い、4枚はそれぞれ
・普通のトイレ(家のトイレ、コンビニトイレなど)
・緊急避難用 2枚(携帯トイレ、じょうごとペットボトル、バケツや桶、風呂場)
・用は足せるが…(野ション、廊下でする、窓から出す、ベランダで)

という役割がある。このゲームではこれらを使ってゲームを進めて行きます。

(なお、今回は4人用の枚数でシュミレートしています)

手順
@まずはくじを作ります。一つはあたりとはずれありの物(こちらは前で解説)で、
もう一つは室内で可能な競技やゲーム遊びなどを書いて
入れます。出来れば順位がはっきりつく物がよいでしょう。そして発案者は
使う小道具を持ってきて、治療者全員で克服ゲームで使用する小道具を
一緒に持ってきます。

A準備が整ったところで、提案者が開始を宣言します。
(この時点で治療者は全員トイレを済ませているものとします。)
開始を宣言したと同時に事前に決めた制限時間を設定したタイマーを使う。
そしてその場にあるジュースを紙コップ半分程入れて全員で乾杯。(必ず飲む)

Bそして競技を書いたくじを代表者が引きます。
 (時間がかかるものや時間がかからないに関わらず)実行します。

C順位が決まったものから、それぞれ引いていきます。
 そしてここが問題です。まず次の試合前に出来る事があります。
 手札を捨てる と 手札を使う です(両方使用可)

手札を捨てるには、高い順位の人から3枚カードを除外出来、次の人は
2枚…と減っていき、最後の人は使えません。

そして手札を使う場合。はずれくじは同時実行可ですが、
あたりくじは同時に実行できず、一枚しか選ぶことは出来ません。
また、当たりくじを使った時点でその試合からは離脱扱いになります。

また、手札におけるのは同時に7枚までであり、最低でも一枚は
ターンに使用しなければなりません。


Cそしてターンが始まる直前に、また乾杯。
…これを当たりくじかお漏らしによる離脱者が全員出るまでやります。
(最後まで残った人は、当たりくじを使うか、そのままの状態で次の試合に行きます。)

D全員の離脱が確認された後、次の試合のためにくじを引き、出た競技で
試合を行います


・除外したくじの行方
除外したくじはくじ引きに戻されます
また混ぜて再利用です

・全体の流れ
くじ書く→くじ入れる→ジュース飲む→競技くじ引く→競技くじの内容の試合実行→
おしっこくじを順位順に引く→くじ除去とくじ消去→ターン終了→実行…以下ループ→
全員が離脱確認→競技くじを引く…以下ループ→終了条件を満たす→終了

・ゲームの終了条件について
制限時間を迎えるか、それぞれが指定した回数の試合を行った後に終了。

終了後の順位決定について
それぞれつかったくじを確認、それぞれの点数を確認
はずれくじ→1点
あたりくじ 普通のトイレ 5点
      緊急     3点
      足せる枠   2点
お漏らしした場合はこれらの合計点から−5点(複数回ある場合はその分も引く)

一位の人には何かいい物や、景品を用意するのもよいでしょう。
ここで高順位を出せば、きっとお漏らししなくなる、かも?

(補遺 おしっこお漏らしにもう〇ちお漏らしにも効果有り)







これまでのあらすじ
「お漏らし克服ゲーム」というものを見つけた麻衣。それには言葉通り、
お漏らしを克服できるゲームだと書かれていた!このゲームを行って、
少しでもお漏らしを防ごうと画策する麻衣は、ゲームに必要な人数である四人を集めるため、友達の朋美、百合、そして知り合いの美雪を呼びこのゲームのテストプレイを始めようとするのだった…

【ここは麻衣の家にある空き部屋。弟と父は出払っており、後はこまごまとした物や、小道具何かが押し入れの中に入っている。どうやら集まった四人は全員
ワンピースとパンツという軽装のようだ。】

麻衣「えー、それでは今回はテストプレイという事で、肩の力を抜いて楽しもう ね!まずは、みんなが作ってくれたくじと、自動でランダムに作ってもらったくじがこちらにあります。これを…」

ザララララーッ!
【いつの間にかあった箱に紙で出来たくじが入って行く。】

麻衣「とりあえず今回は、ある程度決まった数を一試合ごとに出し入れしてくよー!

朋美 美雪 百合「「「おおー!」」」

パチパチパチ…

麻衣「という訳で、記念すべきテストプレイの最初の競技は〜?」

ガサゴソ…ガサゴソ…

【競技用のくじ箱を探る麻衣】

麻衣「これです!『オセロ!』

朋美「おお、かなり定番な奴だね!」

百合「私勝てるかわかんないな〜…大丈夫かな?」

美雪「まあまあ、そんなに緊張しちゃダメだヨ。
   リラックスしてやろう?」

麻衣「それじゃあ、1ターン目スタート!」

テストプレイ 1ターン目

【飲み物を飲む】

ゴックゴック…

【画面の中で四人が飲み物を飲み干す】

麻衣「今回のプレイだと短期決着にするために、飲み物を配る量を
   通常の2倍にしてるよ!さあ三人とも、覚悟してよネ…!」

三人「「「ゴクリ…!」」」

麻衣「それじゃあ、オセロ開始!」

【ゲーム開始…  修了!】
【ゲーム結果】
順位  一位 麻衣 二位朋美 三位美雪 四位 百合
くじ枚数   4枚   3枚    2枚     1枚

麻衣「えっへっへ、私のゲーム歴を甘く見ないでね!」

朋美「やっぱり麻衣ちゃん強いな〜…一緒にやってても勝てないし…」

美雪「二人とも結構やってるのかな?でも負けないからね!」

百合「うう…やっぱり勝てなかった…あ、でもくじの内容次第だし…!」

【手札処理】
麻衣 手札使用→【ぴょんぴょんその場で10回跳ねる】 現在手札3枚
   手札除外→残り3枚を全て捨てる         現在手札0枚

ぴょんぴょん!

麻衣「意外と運動になるよね、これ…うん、いい調子!」

朋美 手札使用→【ノーパンになる】         現在手札2枚
   手札除外→残り2枚を全て捨てる         現在手札0枚


朋美「えええ!?何このカード…うう、しょうがない…えいっ!」

シュルリ…

百合「あわわ…///」

美雪「これ、恥ずかしがってたら大変な事になりそうね…」
   (いざとなったら恥を捨ててでも…///!)

朋美「うう、恥ずかしい…スースーするよ…///」

麻衣「あ、今の試合中には履けないから、注意してね!」

朋美「え、ええ〜!?」

美雪 手札使用→【有酸素運動だ。お尻を前後に15回降る】 現在手札1枚
   手札除外→残り1枚を捨てる             現在手札0枚

ふりふりふりふり…

美雪「んっしょ、一回二回三回…」

麻衣「おおお…///」

朋美(スタイルかなりいいなあ…お尻があんな感じで…』

百合「こ、これって運動なのかな…?」

百合 手札使用→【お腹を圧迫してもらう。3分】     残り手札0枚

ぎゅーー…ぷにゅっ

朋美「よいしょっと…柔らかいね百合ちゃんのお腹…」

百合「そ、そうかな…えへへ…」
(どうしよう…今のでトイレ行きたく…これ始める前におトイレ行っとけば
 よかった…!) もじもじ

1ターン目終了! 現在離脱者 0人










★目撃・妄想・作品・雑談 掲示板★ ナンバー[794]
投稿者:マ太郎さん









ボリュームピルズ