今日は正美と涼子と和巳となびきの4人で花見に来ていたのだ。

正美「いやーまさか弟と花見にくるなんて。何年ぶりかな」

和巳「確かに。まあ、最近まで仲悪かったし。ごめんね雅紀、なびきも呼んじゃって。」

なびき「おじゃまします。雅紀さん可愛かったしやっぱりニューハーフになっても美人。」

正美「ありがとうなびきちゃん。和巳悪いね。私も涼子呼んだわ」

涼子「和巳くん。あの時の誘拐事件のあと、おしっこは間に合ったかい。そこのお嬢さんも」

なびき「私は間に合いましたが、和巳は路上立ちションしてました。」

正美「和巳はアイドルなんだからスクープされたら偉いことだよ。」

涼子「まあ、俗に漏らさなかったんだな。良かったんじゃない」

和巳「あのときはありがとうございます。涼子さんがいなかったら漏らしてましたし。後、何されるか分からなかったし」

正美「まさかね涼子がなびきちゃんを知ってたなんて初耳だよ」

なびき「ええ、刑事さんに助けてもらってから連絡先を教えてもらいました。」

涼子「しかし和巳くんも大きくなって。モデルさんみたい。こんな可愛いお嬢さんの友達もいるなんて」

和巳「えへへ」

こんな感じでお花見女子会?をしていたのだ。さらにさらに会話が盛り上がる

正美「そういえばさ。姫路さやかとはうまくやってるの。」

和巳「まあね。そのお陰で情報番組のミヤケ屋に出演決まった。」

なびき「週刊誌も恐ろしいね」

涼子「とんだパパラッチだな。」

正美「でもさぁ、それで売名したら仕事も増えて行くんじゃない」

和巳「まあ、大失態しないよう気を付けるね。雅紀見たいな事にはなりたくないし」

正美「あっ言ったな。」

正美は和巳の頬を軽くつねった。

涼子「そういえば雅紀、好恵さんが営んでいる聖水風俗の方はどうなんだい。」

正美「まあ、リピーターに和巳の事務所の社長がいるよ」

涼子「それは本当か、和巳くんの事務所は茶藤事務所だね。私、茶藤加間人のファンなんだ。一発ギャグのちゃっっっトウ!あれは好きだった」

正美「懐かしいねドラフトスターズ。茶藤ちゃんとシムヤス(志村社長)はタレント事務所の社長になって。リーダーのいかりん(猪狩兆治)は未だにタレント。もとやん(元長正二)はトイレ製造会社の社長。ブー(高牟田玄武)はラーメン屋の社長。解散しちゃったけど面白かったね」

和巳「そんなに有名なの?」

涼子「そうだな。みんな「20時だよ!全員爆笑」は流行っていたんだから。」

そんな感じで話してたら

正美「おしっこしたい」

涼子「そうだな、ションベンしたい」

和巳「実は我慢してまして」

なびき「皆さんでトイレ行きましょう」

しかしトイレは大行列

涼子「なあ雅紀、野ションしようぜ」

正美「懐かしいね、涼子立ちションして失敗して泣いてたね」

涼子「やめろその話しは」

和巳「そうしよう。漏れそう」

なびき「和巳とおしっこするのはお風呂以来だな。温泉の端の方で」

和巳「混浴のところだったな。誰もいなかったんだよね」

そして4人で座りションをした。

シャアーーーーーーーー

同時におしっこを始めた

4人「はあーーーーー」

なびき「雅紀さんのアソコってウインナーみたいにでかいんですね」

正美「あまり見られると恥ずかしいな。しかし涼子!凄い勢いだな」

涼子「雅紀だって。ナイアガラの滝ぐらい凄いぞ。」

正美、涼子、なびきが終わるなか

ジョロロロローーーー

正美「和巳長いよ」

涼子「凄いよ和巳くん。あんな小さなブツで。まるでションベン小僧だな」

なびき「和巳〜お酒の飲み過ぎ!」

和巳「あはは・・・・」

その後も女子?トークが続いた










★目撃・妄想・作品・雑談 掲示板 2★ ナンバー[804]
投稿者:食い倒れ次郎さん