とある観光地へデートに来ている楓と結城。

都会とは違いとても澄んだ空気が広がる草原、

なんとここでは1時間2000円で牛に乗れるサービスが。



結城 「お、川崎 あれ見て。面白そうな乗り物あるよ」


楓 「ナニアレ、牛…? 牛に乗れるんだ?」


結城 「らしいね。 記念に乗ってみようか」


楓 「まあ、乗ってみてもいいよ。記念だしネ」



この暴走牛の恐ろしさも知らず乗馬を試みる楓と結城。



管理人 「いらっしゃえ〜… お若いの〜… 今日のオススメはこの牛じゃよ〜」


楓 「じゃあ私が先に乗るワ 結城、ちゃんと押さえててね」


結城 「おう、 それ… よっと!」



楓を支えて牛に乗せてあげる結城。



楓 「わっと… うん、なかなか乗り心地いいわね。 結城も早く来なさいよ〜」


結城 「あいよ〜」




結城も楓の後を追おうと牛に乗る準備をしていたとき…







楓 「ん…………?」




ぱからっ…  ぱからっ……


ぱからっ…ぱからっ…ぱからっ…



結城 「うん…………?」


楓 「ちょ… ちょっと…?」



ぱからっ!ぱからっ!ぱからっ!ぱからっ!ぱからっ!


ドガドガドガドガドガドガドガッ!!!!!




結城 「うわっ!」


楓 「ちょっと! なにっ…!?  やだっ!」




暴走牛 「ぶももぉ〜〜〜〜っ!!!」



楓 「きゃああああああ!!」



管理人のチョイスした牛はドンピシャで元気100倍のまさしく超暴走牛だった!


楓を乗せたまま暴走と化した牛!
みるみるスピードを上げ突進しまくる!



結城 「かっ 川崎っ! 大丈夫かぁ〜!?」


結城 「か…管理人さん! あの牛どうやって止めるんですか!?」


管理人 「止まるまで待つしかねぇだ〜!ほほほ」


結城 「なっ…!?」


楓 「ゆっ… ゆっ…結城〜!!! ちょっと助けなさきゃあああああ〜!!」


結城 「川崎! 少しスピードが落ちるまで耐えててくれ!」

結城 「その時俺が下ろすから!」




だが一向にスピードは落ちない!

そしてあまりのスピードに恐怖を感じた楓の下半身は徐々に力が抜けていく。



楓 「いやああ〜!早く止めてぇ〜〜!」


普段でさえオムツで我慢をあまりしない楓にとっては
この恐怖で乗り切る事など不可能な物語であった…。




楓 「ちょっとお〜! 結城! 私、今オムツ履いていないんだからね〜!」



結城 「ちょ…!」



あまりにも恥ずかしい言葉が響いたため思わず赤面する結城。



楓 「出ちゃうよぅ〜〜〜〜!!」



すでに出ちゃってた楓。

全く無抵抗の括約筋。
なんの抵抗も無くそのおしっこは勢い良く放出された。



管理人 「ん…? なんじゃ…?」

管理人 「お兄さんの彼女さんは常にオムツ履いとるのかえ…?」



結城 「え!? いやっ… あのっ その… ははは…」


管理人 「まああの牛に乗った女の子はよくもらすから気にしなさんな ほっほ」




楓 「早く!下ろして〜〜!! 出ちゃう〜〜!!」



目視でもはっきりとおもらしの跡が見える結城と管理人。



おもらししたお客は特別サービスで半額という粋な計らいの管理人。

浮いたお金でちょっぴり機嫌を取り戻した楓でした。


















ボリュームピルズ