秋葉原によく遊びに出かける楓。

今日はお気に入りのキャラクターの買い物日和。

時間も忘れて品物を探しながら街並みを楽しむ。


ところが…、


突如強い便意に襲われた楓は急いでトイレを探す。
しかし楓にある好奇心が脳裏をよぎる。


楓 (オムツに… う○ちしちゃおうか…?)


楓のオムツはあくまでオシッコ用。
う○ちはいつもはちゃんと便所でしているのだが
あまりにも強い便意で楓の心は揺らぐ……。


足は早歩きになりつつも心のどこかで
オムツに出したい気持ちで自然と顔も赤くなる。

だが残念なことにもうトイレに向かっても間に合わない…。

そう、あまりにも強い便意は楓の想像していた限界リミットより
遥かに速い時間で到達してしまったのだ…。




「半透明の服っ!?」 01     「なんで服が無いのよ!」 02


戻る 03




選択の余地はなく、力尽きた身体は無抵抗のままオムツの中に
う○ちを溜めてゆく…。

楓にとって初の体験になったおもらし
オシッコとは違った緊張感が今後の楓をクセにさせそうです。



















ボリュームピルズ